セレタイドディスカス50/100Mcg(60回分)

2019.10.12 Saturday

0

    セレタイドディスカス50/100Mcg(60回分)


    セレタイドディスカス50/100Mcg(60回分)


    セレタイドディスカスは、喘息症状の長期管理薬(コントローラー)です。

    2つの有効成分が、炎症を抑制し、気管支拡張を促します。有効成分プロピオン酸フルチカゾンは、ステロイド剤で、細胞免疫の抑制と抗炎症作用という二つの作用があります。プロピオン酸フルチカゾンは細胞増殖を促す因子を制御したり、過敏反応する免疫機能の上昇を抑制します。

    また、ロイコトリエンという気管支喘息の炎症の起因となる物質の生成を抑えます。それにより、気道狭窄・粘液の分泌と蓄積・気管支閉塞・気道の炎症細胞の浸潤といった、白血球細胞の炎症現象が抑制します。同時に、プロスタグランジンという炎症を促進する物質を生成する酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害し、炎症を抑えます。

    もうひとつの有効成分であるサルメテロールキシナホ酸塩は、気道周辺の平滑筋弛緩させる、アドレナリンβ2を刺激し、気管支を拡張し、気道を確保します。また、細胞(特に肥満細胞)からの即時型過敏症を促す、ヒスタミン・ロイコトリエン・プロスタグランジンD2の生成を、長時間抑制します。サルメテロールキシナホ酸塩には即効性はありませんが、効果持続性が12時間と優れているため、特に夜間から早朝に症状がある方に適しています。

    長期管理薬(コントローラー)の目的は、慢性化した気道炎症を抑え、炎症を起こす要因となる気道過敏性を改善することです。気道の炎症が抑えた状態が続くことが喘息発作の予防となり、気道過敏性が改善により発作症状が軽減されるので、症状を長期間コントロールできるのです。

    セレタイドディスカス50/100Mcg(60回分)