パリエットジェネリック(ラビシップ)20mg

2019.08.02 Friday

0

    パリエットジェネリック(ラビシップ)20mg

    パリエットジェネリック(ラビシップ)20mg


    パリエットジェネリック(商品名ラビシップ)は有効成分としてラベプラゾール20mgを含有する胃腸薬です。
    胃酸を分泌するための酵素の働き(プロトンポンプ)を阻害することで、胃酸の分泌を強力に抑制します。

    日本でも非常に多く使用されている有名な胃腸薬「パリエット」の海外ジェネリック医薬品で、インドの大手製薬シプラ社が製造販売しております。

    パリエットジェネリックは「プロトンポンプ阻害薬(プロトンポンプインヒビター:PPI)」という系統に属する胃腸薬であり、胃腸薬の中で最も強力な胃酸分泌抑制作用を持っております。

    先発品のパリエットは国内で3番目に登場したプロトンポンプ阻害薬であり、胃酸過多による胃痛や胸焼け(胃炎)、胃潰瘍などの消化器系潰瘍、逆流性食道炎、ゾリンジャー・エリソン症候群、ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌などといった消化器系疾患の治療に非常に多く使用されております。

    胃潰瘍・十二指腸潰瘍または逆流性食道炎の方を対象に行われた臨床試験では、90%以上もの高い治癒率が得られました。

    また、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬、解熱鎮痛薬)やアスピリン(抗血栓薬)が原因の消化器系潰瘍の予防改善にも有効です。

    パリエットジェネリック(ラビシップ)20mg