スポンサーサイト

2020.07.31 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    リピトール20mg

    2020.02.01 Saturday

    0

      リピトール20mg

      ピバスタ(ピタバスタチン)4mg


      リピトールは、アトルバスタチンを主成分とした、コレステロール値の高い人や家族性高コレステロール血症に対するスタチン系コレステロール治療薬です。世界的に有名なファイザー社が、このお薬を製造販売しております。

      服用することで、肝臓内のHMG-CoAと呼ばれる還元酵素を阻害して、肝臓のコレステロール合成を抑えます。これにより、体内のコレステロールが作られるのを抑えて血液中のコレステロールの数値を低下させます。特にこのお薬は、LDL-コレステロール値(※1)とトリグリセリド(※2)を下げ、HDL-コレステロール値(※3)の上げる効果があります。これらの効果で動脈硬化につながるリスクを軽減します。

      動脈硬化は、コレステロール値の高い状態が続くと、動脈の血液中にコレステロールや中性脂肪が蓄積されます。

      この状態が続くと、動脈が詰まったり、硬くなって血流が悪くなります。その結果、心疾患(狭心症や心筋梗塞)や脳血管障害(脳卒中や脳梗塞)を引き起こします。

      このようにならないために、早めの対処が必要です。まず食生活の改善が一番大切ですが、食生活で限界の方は服用をおすすめします。

      ※1:LDL-コレステロールは、通称悪玉コレステロールと呼ばれ、これが血液中に多くなると、動脈硬化に繋がります。

      ※2:トリグリセリドは、中性脂肪で肝臓や脂肪組織に蓄えられる一般的な肥満の原因です。この数値が高い状態が続くと、肥満以外にも動脈硬化以外や急性膵炎になるリスクがあります。

      ※3:HDL-コレステロールは、善玉コレステロールと呼ばれ、血液中にある程度存在することで、動脈硬化のリスクを軽減します。

      ピバスタ(ピタバスタチン)4mg