カンピシシリン(アンピシリン)250mg

2019.04.02 Tuesday

0

    カンピシシリン(アンピシリン)250mg


    カンピシリンの有効成分はアンシピリンでペニシリン系の代表的な抗生物質の一つで、幅広い感染症に使用します。ペニシリン系抗生物質は、感染症の原因となる細菌の細胞壁を破壊することで、細菌を殺菌する働きがあります。

    この細胞壁という部分は細菌の外側にある丈夫な膜で、ペプチドグリカンというタンパク質から作られていますが、カンピシリンはこのペプチドグリカンを合成する酵素の働きを阻害する作用があります。ヒトの細胞には細胞壁は存在しないので、細菌にだけ選択的に影響を与えることができるので、安全性の高い抗生物質といえます。

    それゆえに、カンピシリンは細胞壁をもたないマイコプラズマや細胞壁にペプチドグリカンがないクラミジアには効果がありません。

    カンピシリンは、グラム陽性菌・グラム陰性菌に対して効果があります。グラム陰性桿菌には抗菌作用が弱いペニシリンに比べても幅広い効果があるので、広域ペニシリンとも呼ばれています。呼吸器、皮膚、眼科、婦人科、消化器、歯科、耳鼻科などで適応があります。尿路感染症や淋菌感染症(淋病)、梅毒などの性感染症に処方されることが多い薬です。

    カンピシシリン(アンピシリン)250mg