ヴァサカ(咳・気管支炎)

2019.08.08 Thursday

0

    ヴァサカ(咳・気管支炎)

    ヴァサカ(咳・気管支炎)


    ヴァサカ(咳・気管支炎)は、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダに基づいて製造・開発された鎮咳(咳止め)シロップ剤です。

    1930年に創業が開始された100年近い歴史をもつ老舗のサプリメントメーカーであるHimalaya(ヒマラヤ)社によって製造・販売がされています。

    ヒマラヤ社はインドの歴史ある伝統医学アーユルヴェーダに基づいた製品を多く開発し、世界中に発信している製薬メーカーです。

    インドの伝統医学であるアーユルヴェーダに基づいた生薬を大量に使用し、100%天然成分のみで構成されているのにもかかわらず強力な効果が得られるといわれています。

    ヴァサカ、1錠中に以下を含有しています。

    マラバールナッツVasaka (Adhatoda vasica) 250mg
    マラバールナッツはインドの伝統医学アーユルヴェーダでは「バシカ」と呼ばれています。

    マラバールナッツはキツネノマゴ科の常緑低木で、高さ3m程度に生長します。

    熱帯インドが原産で、一般的に葉が用いられます。

    俗に、「気管支を拡張する」「痙攣を抑える」などと言われています。

    服用することで気道の炎症を抑え、気管支を拡張することで咳症状を抑える効果が期待できます。

    気管支炎、喘息にも有効という研究結果もあると報告されています。

    ヴァサカ(咳・気管支炎)