★クリマラ100(女性ホルモン)

2019.10.12 Saturday

0

    クリマラ100(女性ホルモン)


    クリマラ100(女性ホルモン)


    クリマラ100は、ドイツの有名な製薬メーカーであるバイエル社によって製造・販売されている女性ホルモン製剤です。

    飲み薬として服用するお薬の場合、薬は腸で吸収された後に肝臓で大部分が分解されるため無効化されてしまいます。しかし、クリマラ100は貼り薬なので、皮膚に貼ることで肝臓で分解されるのを避けることができ、ダイレクトに有効成分を全身に届けることができるので効果が強力です。
    1枚に有効成分エストラジオールを高用量の7.6mg含有し、24時間の間、皮膚に貼り続けることでエストラジオールを100μg放出します。

    有効成分であるエストラジオールは、卵胞ホルモンといわれる女性ホルモンの1つです。

    クリマラ100は、更年期付近になると分泌が低下する女性ホルモンを外部から補充し、更年期障害の諸症状を改善することができます。とくに、更年期障害の顔の赤みやほてり・発汗の症状があらわれる血管運動神経症状(ホットフラッシュおよび発汗)、泌尿生殖器の萎縮症状、エストロゲン欠乏による睡眠障害に効果があります。

    泌尿生殖器の萎縮症状とは、更年期により女性ホルモンの分泌が低下することによって生殖器が機能しなくなり萎縮していく症状です。泌尿生殖器の萎縮に伴り、膣の乾燥感や尿失禁、雑菌が増殖して炎症を起こしてしまいます。場合によっては、生殖器の萎縮によって性交痛も引き起こしてします。

    睡眠障害も、更年期によってエストロゲンが低下することで起こる自律神経の乱れが原因です。寝つきが悪い、眠りが浅い、すぐに目が覚めてしまうなどの症状があります。

    クリマラ100を使用する際に、いくつか注意することがあります。

    推奨されている部位以外の場所にクリマラ100を貼ってしまうと、有効成分エストラジオールの血中濃度が過剰になり副作用があらわれてしまうおそれがあるので、適切な場所に使用するようにしてください。

    衣服との摩擦ではがれるおそれもあるため、ベルトラインへの使用も避けてください。胸へ貼るのも避けるように注意喚起がされています。

    ケガをして傷のある部位や、湿疹・皮膚炎等が見られる部位への使用も避けることが推奨されています。

    クリマラ100(女性ホルモン)