塩酸クロルプロマジン50mg

2019.06.25 Tuesday

0

    塩酸クロルプロマジン50mg


    塩酸クロルプロマジン50mg


    塩酸クロルプロマジンには、神経細胞同士をつなぐシナプスから放出される神経伝達物質が受容体と結合するのを抑制する働きがあります。

    ドパミンやノルアドレナリン、セロトニンといった神経伝達物質は、快楽や快感、やる気、覚醒、集中、落ち着き、安定感を得るために重要な働きをします。塩酸クロルプロマジンは、これら3つの物質が過剰に消費されることを防ぎ、その減少をくいとめることで、統合失調症(精神分裂症)をはじめ、そう病、抑うつ、神経症などの不安や緊張、抑うつや嘔吐といった症状を改善するものです。

    塩酸クロルプロマジンは世界初の抗精神病薬としても知られ、精神疾患において「薬で治療する」という概念を導入した画期的な治療薬です。日本では、ウインタミン(塩野義製薬)やコントミン(田辺三菱製薬)として販売されてきました。

    塩酸クロルプロマジン50mg




    塩酸クロルプロマジン100mg


    塩酸クロルプロマジン100mg


    塩酸クロルプロマジンには、神経細胞同士をつなぐシナプスから放出される神経伝達物質が受容体と結合するのを抑制する働きがあります。

    ドパミンやノルアドレナリン、セロトニンといった神経伝達物質は、快楽や快感、やる気、覚醒、集中、落ち着き、安定感を得るために重要な働きをします。塩酸クロルプロマジンは、これら3つの物質が過剰に消費されることを防ぎ、その減少をくいとめることで、統合失調症(精神分裂症)をはじめ、そう病、抑うつ、神経症などの不安や緊張、抑うつや嘔吐といった症状を改善するものです。

    塩酸クロルプロマジンは世界初の抗精神病薬としても知られ、精神疾患において「薬で治療する」という概念を導入した画期的な治療薬です。日本では、ウインタミン(塩野義製薬)やコントミン(田辺三菱製薬)として販売されてきました。

    塩酸クロルプロマジン100mg