リピトール10mg

2020.02.01 Saturday

0

    リピトール10mg


    リピトール10mgは血液中のコレステロールを減らすことができるお薬です。

    日本でも有名な世界的製薬企業であるPfizer(ファイザー)社によって先発品として製造・販売されています。

    リピトール10mgは日本でも承認・販売されており、日本ではアステラス製薬株式会社により製造・販売されています。

    リピトールは、米国ワーナー・ランバート社(現在の米国ファイザー社)により新規に合成された3-Hydroxy-3-methylglutaryl coenzyme-A reductase (HMG-CoA還元酵素)阻害作用を有するアトルバスタチンの製剤です。

    わが国では山之内製薬(現在のアステラス製薬)とワーナー・ランバートが共同開発し、高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症に対し優れた有用性が認められています。

    脂質Lipidから命名されてリピトールという名前をつけられました。

    リピトール10mgは、服用することでHMG-CoA還元酵素を阻害することでコレステロールの合成を阻害し、血中コレステロール値を低下させることができます。

    1日1回10mg投与により、81.4%の患者を総コレステロール値で220mg/dL未満に、85.1%の患者をLDL-コレステロール値で140mg/dL未満に到達させたと報告されています。

    リピトール10mg