スポンサーサイト

2020.07.31 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ザイロリック100mg

    2020.02.01 Saturday

    0

      ザイロリック100mg


      ザイロリック100mgは、1956年にイギリス・ウエルカム研究所(現在のグラクソ・スミスクライン社)によって発見された高尿酸血症治療薬です。

      現在でもグラクソ・スミスクライン株式会社によって製造・販売されています。

      1錠に有効成分としてアロプリノールを100mg含有しています。

      世界107ヵ国以上の国や地域で承認されており、日本でも多くの医療機関から高尿酸血症の治療のために処方されています。

      高尿酸血症は、痛風の原因となる疾患です。

      尿酸とは、体内に存在するプリン体などが分解された最終産物であり不要な老廃物です。

      血中の尿酸値が高い状態が持続すると、尿酸が体内で結晶化し、その結晶が足の親指関節などに沈着することで激痛が生じる痛風発作を起こします。

      そのため、痛風発作や腎障害の予防のために高尿酸血症の改善が急務とされています。

      ザイロリック100mgは、痛風の原因となる尿酸の合成を強力に抑制することで血中の尿酸値を低下させ、痛風発作による節々の痛みや、尿酸結石の形成を予防することができます。

      注意点は、ザイロリック100mgは、すでに起きてしまった痛風発作の痛みには効果がないということです。

      痛風発作が起きて激しい痛みがあるときは、発作用のお薬を服用するようにしてください。

      ザイロリック100mg