チャンピックス禁煙パック

2019.04.11 Thursday

0

    チャンピックス禁煙パック


    チャンピックスは、ファイザー(Pfizer)株式会社が製造・販売している禁煙治療を補助するお薬です。2006年にアメリカで禁煙補助薬として承認されて以来、欧州及びアジアを含めた世界90ヵ国以上で承認・販売されています。

    これまでの禁煙治療はタバコのニコチンのかわりにニコチン製剤を用いて行うニコチン代替療法が主流でした。このチャンピックスは、ニコチン製剤と違いニコチンを含まないで禁煙治療をすることができる今までに存在しなかった新しいタイプのお薬なのです。

    タバコを吸っている方がなっているニコチン依存症とは、タバコを吸うことで摂取されるニコチンが脳内の受容体に結合することで快感物質のドパミンが大量に脳内から放出されることで起こります。タバコを吸って脳内から大量のドパミンが放出されると、覚醒作用、興奮作用、多幸感を得ることができます。

    しかし、脳はタバコを吸うことによる快感に徐々に慣れてしまうため、頻繁にタバコを吸いたくなっていき、いつのまにかタバコを吸う本数が増えてしまいます。これがニコチン依存症につながります。

    禁煙治療を始めるとタバコを吸わなくなり、ニコチンの供給がなくなるので脳はドパミンを放出することができす覚醒・興奮・多幸感を得ることができなくなります。そのため、イライラや集中力の低下、焦燥感、食欲増進、不眠、抑うつ気分などの症状があらわれます。これがタバコをやめたことによる禁断症状です。

    チャンピックスは、服用することによりニコチンが結合する受容体にニコチンと競合して結合し、ニコチンが受容体に結合するのを邪魔します。それにより、ニコチンが受容体に結合するよりも少量のドパミンを放出させ、タバコを吸いたくなる気持ちを減らし、タバコを吸ったときに感じる幸福感を減少させます。

    これが禁煙治療によるニコチン不足の禁断症状の改善につながります。

    チャンピックス禁煙パック